こんにちは!お知らせです♪→みのる窯・しがらきだらけ別館★[信楽よいもの通信ショップ]がオープンしました!「絆」応援セール#家族の絆、大事な方への感謝の気持ちを伝える「うつわ」食卓を華やかにする「食器」をご用意しています!7月度ブログ読者優遇セール、ご利用者ください!


信楽で陶芸を始めて23年。「みのる窯ブログ」では陶芸家としての手作り奮闘記や長く器を使うための豆知識をお伝えしたり、あなたの食卓に自信を持ってお届けできる「うつわ」をご紹介します!


by minorugama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

外部リンク

カテゴリ

全体
★初めてご覧の方へ
┏みのる窯の紹介
┠松川実・京子のご紹介!
┣お問合せ&お申込み
┗みのる窯へのアクセス
★通販&店販商品情報
┏ネット通販・お取寄せ品情報
┠・・・「お試し」メニュー
┠・・・「カップ類」メニュー
┠・・・「鉢どんぶり」メニュー
┠・・・「お皿」メニュー
┠・・・「お茶碗」メニュー
┠ギャラリーおすすめ商品情報
┣ぶらり旅陶芸教室受付中!
┠注文品受付OKです!
┠・・・「個人」お祝いメニュー
┠・・・「店舗食器」メニュー
┗他作家さん商品情報
★読者向け月間セールス情報!
┏みのる窯月度セールス
┗信楽イベント情報
★陶芸家の日常・つぶやき
┏松川実・京子のつぶやき
┣ ゴスペルコーナー
┗ 信楽観光歴史
★リンク
未分類

検索

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
more...

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

みのる窯陶芸教室展&春の信楽・アートな歩き方

みのる窯陶芸教室展&春の信楽・アートな歩き方は10(日)最終日

教室の出品者18名、多くの作品を集めなんとかいいものになったと喜んでいます。
生徒さんは県外と遠いので、教室も見に来るのも大変な中、今日はTさんのお嬢さんがお友達と見にいらして下さいました!「お母さんが来れないから私が来させて頂きました」。
二人は何を言ってもニコニコとして、お箸がこけても楽しい、とっても優しい優しい上品な看護士さんのお嬢さんでした。大阪からありがとうございました。

さて長きに渡って春の信楽・アートな歩き方の松川実作の「注ぐ器展」も明日を残しラスト一日になりました!
陶芸展も二日延長して明日まで展示しています。

リビングの上には今年唯一たった一輪咲いた、ピンクの牡丹を、何とか明日までもたせようと、
夜寝る前にはたっぷりの氷を花瓶に入れて、お客様に見てもらうのを楽しみにしている私です。
そしてま喜のの女将さんから頂いた母の日グッズ、、こんな大きなカーネーッション頂き感激の私です。
大きいのも、小さいのもお花もダンゴも何でもの贈り物はホント嬉しい嬉しい私です。
有難やぁ~~~。


b0125311_114551.jpg
b0125311_114179.jpg
[
明日もなんとか天気はよさそうな感じです。
GWあけは信楽も静かですが、静かもなかなかいいものです。どうぞいらして下さいませ。
1000円割引もありスイスイです。
皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]
by minorugama | 2009-05-10 01:21 | ┏松川実・京子のつぶやき

みのる窯陶芸教室展・4

みのる窯陶芸教室展ももう少しです

GW最後の6日(水)。夕べは金沢から、もと教室生徒さんが友達と二人で泊りに来てくれた。
朝からクロネコで届いた旨い魚屋で仕入れてきたと言う50cm以上の鯛。
2週間ほど前に、「GWに、ご飯作りますから泊めて下さい」と連絡あり即刻了解した。
そして昨日朝から届いた立派な鯛。夕べはお造り。今晩は昆布締めに鯛のお汁、鯛の荒炊き、昆布締め。こんな旨いもん、ぎょうさんよばれて堪能した。
b0125311_0522024.jpg


さて今日は「ま喜の」のさんご一家が母の日の立派なカーネーションを手に2ヶ月ぶりに来てくださった。
先日の長男小5のユウ君の作った灰釉線紋皿がブログに載ってて、お買い上げ希望あったと書いたら、家で鼻高々でしたと奥様。それを聞いて皆で大爆笑。
いつ見ても綺麗でチャーミングな女将さん。写真は女将さんの灰釉掛け分け皿とイス灰ドラ鉢。
そして次男コウチャンの鳥。灰釉掛け分け皿は土900g。
b0125311_15619.jpg


次に我らが金子ボスの酒注ぎセット。最近晩酌を減らしているボス。
1合のがご希望だった。今回は1合弱で大成功。
b0125311_17738.jpg


次に京都のSさんの仏様さん。正面玄関の花の下に並べてみました。
b0125311_1134247.jpg

そして一級建築師のSお兄さん、いかにも設計師らしい、かっちりした手付き四方鉢のお仕事。そしてダイナミックな鎬が個性的な徳利セット。
b0125311_1142268.jpg


そしてこの度新しい家族ができた京都のNさんご一家。お子さんが小6でハートのカップ&ソーサがいかにも女の子らしい。Nさんの盛り鉢は土1kg。そして肝っ玉が座っている奥さんの大皿も基本の土1kg。Nさん結婚よかったね!
b0125311_123271.jpg

b0125311_1344493.jpg


そして本日、窯出しから出た、赤土のビードロの足付板皿と長方印刻長皿。
土によって同じ灰釉でも青と緑と釉薬の色の出方で違ってくる。

鯛のお刺身に似合いそう!

次は私の好きな力コブカップにみのる窯でもロングランの人気のスープカップ。
真ん中に小さい丸々の小皿。これはランプの穴開けた大小の土をよせて型おこしした丸々小皿。
b0125311_149219.jpg

さて、明日から平常に戻ります。
そうそう私もやっとお泊り客と本日、駅前陶器市に出かけました。草もちGETでした。
駅前陶器市は明日までです。みのる窯ももう少しです。

さぁ皆様、春の信楽、みのる窯にお出かけ下さいませ!
[PR]
by minorugama | 2009-05-07 01:37

みのる窯陶芸教室展・3

「土日祝祭日の高速代1000円割引はホント!」

本日5月4日(月曜)、お天気もまぁまぁ、GW後半。
昨日・今日と遠いところからいらしたお客様が開口一番に「高速1000円で来ました!」
「ええ、やっぱり1000円ですか?」が私の挨拶がわり。
今日は金沢から年に2回来て下さる中学の野球の監督先生。お茶のお菓子の本格的な金沢の美味しい金つばおみやげに頂いた。たっくさんお菓子屋さんがあるそうだけど、どこも頑張ってやってるとのことで、中でもとびきり美味しいのをGETして北陸道を南南に日帰りだそうだ。

さて昨日教室作品の続きをアップすると予告が疲れてバタン。
今晩はコーヒー飲んでPCに向かう。

さて一番は我らがマドンナのMちゃんの萩釉の線紋お鉢セット。これはご婦人に好評。
可愛いセットだ。
b0125311_23195488.jpg


次にアルミの大きなボールに布を引いて、赤土と白土の2種の10cm紐のをデンデン虫に巻いて交互にくっつけていった果物鉢、仕上げが私も難しかった大阪のKさん。若葉マークを付けてお嬢さんの運転で信楽まで陶芸展を見学。
よう来てくれはりました!K宅の食卓が変わってきて、子供たちも食器を丁寧に扱ってくれ、娘さん達も信楽行きを喜んでくれてるそうだ。お母さんは信楽で頑張ってはります!
b0125311_23283631.jpg


次に動物の得意のMちゃんの第2段。第3段ライオンでした。可愛いでしょう!
b0125311_23301121.jpg

b0125311_23474869.jpg


今日は京都の料理屋の「大島」さんがお店で使いたいので買いたいと希望して下さった、
なんと小学校3年生(只今4年)の作った料理屋「ま喜の」の長男君、ユウ君。
これは皆さん関心!
b0125311_23315013.jpg


第1回骨壷の会に参加してくれた友達の3人組み。これ骨壷。生前は食料入れ。
亡くなったら、息子に「これに私入れてや!」と頼んでいる。骨壷も生前で楽しく明るく大活躍!
b0125311_23363192.jpg



左の灰釉ワインカップは私も教えるのが難しくて、仕上げはいつも主人に頼む難関の高度な教室。
右の長石釉抹茶わんはお茶・お花の先生で、Tさんお姑様。芸歴40年の茶人。
すぐお稽古に使えるのでこれは喜んでもらえるので私も嬉しい。
b0125311_2342457.jpg


そして本日の最後、カップ&ソーサ。(+スプーン左のみ)
左の青萩釉の細長カップ。教室展初日に枚方から自転車でいらした若い男性客がお買い求め希望で、
丁重にお断りした、幸運なカップ。
手びねりの食器は私も味があって大好きだけど、重いのが難点。それを手びねりなのにすごく軽く仕事が丁寧。カップ一個が土380gと、これはなかなか高度な業。
b0125311_021067.jpg


今日は一日早いGWUターンラッシュが始まったそうだ。
明日5日(火)は信楽はかえってすいてて来やすいです。おぉ~私も作家市や駅前陶器市に行きたい。
永源寺(滋賀)のコンニャク食べたい!!

またみのる窯にお茶しにいらして下さいませ。
信楽名物、朝宮茶が待ってます!
[PR]
by minorugama | 2009-05-04 23:07 | ┏松川実・京子のつぶやき

みのる窯陶芸教室展・2

「みのる窯陶芸教室作品展3日目お天気抜群!」


本日5月2日(土)、お天気も抜群、いよいよGWも本格的に始まった。
2日は地元、長野のお祭りだ。毎年御輿が3台回ってくれて、今年は大人の御輿を一台だけ金一封包んで、ワッショイワッショイをやってもろった。

本日、陶芸教室展の作者リストも並べ、のれんも上げやっとそれらしくなった。
特に作品のランプにろうそくを入れて灯すのがなかなか風情があってよろしい。

では、みのる窯陶芸教室作品展の作品を紹介します。
まず半間の半間のお床にまず緋色のランプ。
土は2.5kg。中には電球。紙のロールの芯紙の型を使ってくるっと巻いて、細長く穴を開けたもの。
b0125311_21425338.jpg


同じくランプ、石膏型で山型丸に起こしたもの。3方穴があって壁吊り用。今回はテーブル置き用。
b0125311_21472042.jpg


左の縦型ランプはワインの瓶で型を取ったもの。そしてお料理の時に使う人参とか型抜きで梅型を抜いたもの。
ちょっと可愛いでしょう。
右は、主人も「何やろこの色?」と忘れたややこしい色。ビードロに真ん中はイス灰をたくさん溜めた、2色のコラボ。ホンマこの色の掛け分けは見たことない!
それにめちゃ上手に藤の手が編んでいる。
これも一日かかって3つしか編めなかった、「藤の手付け教室」になった。
b0125311_2153338.jpg



次に左のランプは30分で仕上がったランプ。
楕円のゴミ箱をひっくり返して型に使った。緑釉で会場でワンポイントで緑が目立っている。
真中の植木鉢は2種の土で色を違えて1個ずつ5センチの棒を組んだ植木鉢。
花屋の店長経験歴の長かったTさんのオリジナル。
そして右には、萩釉の片口大鉢。土は3.5kg。浜大津の料理屋「ま喜の」の大将の大作中の大作。
b0125311_2281619.jpg


そして動物を作ったら抜群に早くてうまいMさんの馬さんかな。
奥には手びねりのよさがよく出たランプ。ろうそくの火が抜群に合います。
b0125311_2263753.jpg

まだまだ作品紹介は明日にも続きます

さて、駅前陶器市は陶器の他に永源寺のコンニャクやお茶販売。
友達がくじ引きコーナーでガラガラやってます。3000円お買い上げ毎で一枚GET。1000円のお茶など景品。そして陶芸の森では作家市。
今年はお客さんはちょっと少なめだけど、内容はよかったと言う、うちでもおかせてもらっている作家の大友さんの弁。
若手作家の欲しい方は作家市へ。植木鉢や狸や傘立ての大きいものを見たい方は駅前陶器市へ。

今日は夕方6時にご近所のマンションに住む若いお嬢さんがお買い物。
転勤で信楽勤務になり、和歌山から来たそうだ。
いつもお菓子は何がいいかアンテナ張ってる私ですが、今回生まれて初めてチロルチョコを買った。
GW用に子供や若いお嬢さん用にチロルチョコの詰め合わせを生協でGETした。
今日は彼女とお茶したらチロルの旨いのを発見!
彼女に「今時チョコ最新事情」を聞く。

によるとチョコにクッキーが入ってるのが一番いいそうで私も納得。
さぁ皆さん、GW、みのる窯では可愛いチロルチョコが待ってまぁ~す!!
[PR]
by minorugama | 2009-05-02 23:02 | ┏松川実・京子のつぶやき

みのる窯陶芸教室作品展・1

「みのる窯陶芸教室作品展いよいよスタート」

本日4月30日(木)「みのる窯陶芸教室作品展」がいよいよスタートしました!!!!
お知らせではみのる窯ギャラリーとお伝えしましたが、ギャラリーの和室は「春の信楽・アートな歩き方」の主人の作品「注ぐ器展」で占めたので、本屋で展示しました。
まず主人の手書き大きい看板。
b0125311_23502655.jpg


そして本屋玄関の大工さんお手製の靴箱の上には
Mちゃんの楽しいネコ。そしてKさんの本立てに立った緋色大皿。
そして北さんがこの日曜、わざわざ西宮から、愛妻さんとご一緒に持ち込んで下さった、
実生から育てた北さん手作り小盆栽のけやきに盆栽の鉄釉の花台。
b0125311_23512762.jpg

b0125311_23575195.jpg
b0125311_23583687.jpg


そして昔懐かしの長持ちの上には、Tさんの義母様でお茶お花の先生の抹茶わんなど。
b0125311_012325.jpg


今日はアレンジの先生のTさんに色々お花を飾るお手伝いをしてもらったら、さっすが未生流とアレンジをたしてみたそうで、夏はぜがいかにも春らしい。黒天目に白萩の掛け分けの水盤。プランターカバーのつもりが
水盤になってしまった作者N君。23歳から20年みのる窯に通って、もう私の血のつながらない妹になってしまった早苗ちゃんの年下のご主人。愛知県は西尾市から来ては陶芸が趣味になってしまった。

いい趣味やろ~~。

明日からボツボツもっとアップで作品紹介します。
皆さん、春の信楽どうぞ見に来て下さい。
昨日羽川ヒデキのラジオから今日も主人「春の信楽・アートな歩き方」の宣伝のラジオ聞いたそうだ。
新聞には「若手作家が作った芸術の町信楽」といいフレーズで紹介してくださったり。
仕掛けの藤陶の若大将の藤田さん。週1・2回はラジオに出て宣伝してくれてるので本当にたくましい。

ホンマ有難い事です。
GWは是非共信楽へお越し下さい。
みのる窯でお茶どうぞ~。
[PR]
by minorugama | 2009-05-01 00:25 | ┗信楽イベント情報